オフィス設計、ちょっとした工夫で能率アップ

空間のレイアウトやゾーニングといった問題は、製造関係の現場においては非常に厳密に検討され設計されているのですが、こと事務系のオフィスにおいてはそれほど重視されていない場合が多いようです。少なくとも製造関係における空間設計ほどに検討されるようなことはないでしょう。しかし、オフィス設計を少し見直すだけで様々な効率が格段にアップするということは十分に考えられます。これは非常にわかり易い例ですが、照明や空調の位置によって人が受ける影響の大きさは意外に大きいものです。ひとつひとつは小さな問題かもしれませんが、結果としてそれらが複合的に大きな影響を与えているということは容易に想像できることでしょう。失敗を重ねながら経験を積んでいくというのもあるでしょうが、一度、専門家による設計の見直しを図った方が結果的に安くつく場合も多いです。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

心地よいオフィス設計

オフィス設計は仕事の作業や効率にも影響します。快適な空調と照明、1人1人のワークスペースをどれだけとるか、というだけで社員の集中力や緊張度も変わってきます。また従業員だけではありません。たとえば、オフィス内で他社との打ち合わせや、お客様との打ち合わせ、商談は、設計次第で、うまくいく、逆にうまくいかないこともあります。たとえば、打ち合わせスペースと、社員の机があまりにも近すぎていたり、入口付近に打ち合わせスペースが設けられているならば、来客は落ち着かず、すぐに帰りたくなってしまいますよね。かといって、プライバシーが確保されすぎるのも、逆に心配になりますよね。難しいオフィス設計は、それを専門にしている設計士に任せたり、さらに自分が色んなオフィスに出かけて、落ち着いたレイアウトを参考にすると良いかもしれませんね。

オフィス設計と空間の基本

オフィス設計を行う際の基本は空間設定と空間分けです。空間設定というのは、どの位の人数がどのような作業で使うオフィスであるのかを明確にして、そのために必要となる動作寸法や人体モジュールを人間工学的に算出しそれに必要な広さを確保するための設計を行うことです。そして、空間分けというのはそのオフィス内を用途ごとに空間分けするという意味で、例えばコピー機やFAXなどのOAエリアは入り口辺りに設置して、会議や来客対応はパーティションの裏側辺りにソファとテーブルを配置するといった具合に配置を考えるということですね。また、最近のオフィスでは床下に電話線やLANケーブルといったコード類を通して床をすっきりさせるOAフロアというのが一般的です。後はそのオフィス内をどのように移動することが多いのかという導線も、オフィス設計のレイアウトを決める際の基本的なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)