オフィス設計で重要な物とは

オフィス設計で重要な物とはいくつかありますが、その会社に合った個性のあるデザインや環境面であると私は思います。オフィスの質が良いほど仕事にやる気を持たせられるだろうし、快適な環境であれば当然仕事もはかどります。ただ机と椅子だけを並べてパソコンを置いた、そんな環境じゃ次第に書類の山が無雑作に机の上に置かれて見た目もオフィス内もゴミゴミしてとても効率の悪い会社になってしまうと思います。やはり、私の意見ではありますが一人一人に対して作業効率の上げられるデスク周りにして仕事はチームワークでやるものですから皆が全体を見渡せるようレイアウトを考え何事にも対応できるような場所を、設けてこそ初めて「オフィス」という言葉が出てくるんだと思います。会社によって様々ですが汚いオフィスと綺麗で纏ってるオフィス、あなたならどちらで仕事をしたいですか?もうお分かりですよね。

新しいオフィス設計について

今の勤務先にはもう20年以上勤めていますが、最初はマンションの2階部分を借りてオープンしました。そのときのオフィス設計は、歯科医療に従事するのが初めてだったこともあって、こういうものだ、という感じで受け入れられたと思います。その後、院長が再婚して住宅兼診療所を建てた時も、オフィス設計を手掛ける専門業者に頼んでいました。前とは造りが違うようになって最初は戸惑いましたが、これは多分慣れの問題だと思います。間取りも違うし広さも違うとなれば、戸惑いが出てくるのも当然で、それもだんだんと慣れていきました。慣れていけるということは、多分歯科診療のためのオフィスを作るのを専門に手掛けている業者が、歯科医療に適したオフィス作りを知っているからだと思います。今もその基本通り、あまりものを動かさないようにして仕事をやっています。

オフィス設計を業者へ依頼すること

オフィスの雰囲気を変えたいと思った場合、リフォームもしくは建設業者の方へオフィス設計を依頼することもあります。こちらの希望を伝えますと、要望にあった雰囲気でオフィス設計を行ってくれます。壁の色なども細かくアドバイスも頂けますし、仕事がしやすい感じに設計してくれます。オフィス環境が変わると社員のやる気も違ってきますし、こうした取組みは重要です。壁色もシッカリと選び、どういった感じが良いか具体的に選んで、社員の方の意見も聞き入れながら設計してもらうのもよいです。予算もありますし、可能な範囲を明確にしておきますと、それにあった範囲内で設計して頂けます。働く環境は重要ですし、オフィスビルは古くても、室内が奇麗でしたら雰囲気も違い、お客様の信頼も得られますので、新たにオフィス設計を依頼するのも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*