オフィス設計はプロに頼みましょう

オフィス設計は、単に作業が効率良くできれば良い。というものではありません。まずは、どこにオフィスを設けるか、からはじまります。駅からあまり遠すぎると、商談や来客が不便ですし、かといって、便利が良いから、と繁華街のごちゃごちゃしたところに建ててもいけません。まずは最もふさわしい場所にオフィスを構えてからそしてどんな設計にするかを考えます。設計次第で、企業イメージが変わってきます。モダンなタイプか、スタイリッシュタイプか、などのテーマを決めます。そして効率性、働きやすさなど様々な視点、さらには、省エネ、エコなども考慮に入れなければなりません。それでオフィスを構えたい。と思う時には、オフィス設計のプロに頼むのが一番いいかもしれません。効率性、機能性、集客方法、など、あらゆるデータと経験があるので、ぜひ力を借りるのが賢明ですね。

小さなオフィス設計をデスクの上にも

当然のことかもしれませんが、日々の仕事をするオフィス設計はキレイにスマートに、そして使いやすい環境のほうが好ましいと思います。デスク上もそのレイアウトの一つとして重要な位置づけに考えられるのではないでしょうか。デスク上を事例に小さなオフィスレイアウトとして考えてみます。朝、仕事を始める際にキレイに整理されたデスクとそうでないデスクとではそれだけで頭脳の使用率が違ってくると思います。整理されていたり、不要な物が目に入らないでいたり。そうするとそれだけ「選ぶために考える」ということが少なくなると考えるからです。タスクを処理するという点でスマートフォンを例に挙げてみると、スマートフォンのRAM(ランダムアクセスメモリー)はよく机の上に例えられます。搭載されているCPUがタスクの処理を行う作業テーブルのことをRAMと言います。RAMにはキャッシュ理論と呼ばれる機能で作業に必要なデータを次に使用する際にすぐに使えるように近く近く、と限られた領域の中に一時的に保管していきます。有益なサイトさんをブックマークにぽちっとするような感じですね。それらのデータは近くに保管しているので次に使う際にはすぐに利用することができるのですが、2度と使わないものや、使用頻度の低いものまで近くに置いていきます。私はランダムアクセスメモリーという表記にうなずいてしまいました。(パソコンでは使用頻度の高いものを集めてより使いやすく設計されているそうです。)そうすると「机」の上がデータ(様々なもの)であふれてしまい、CPUが処理を仕切れなくなってしまい、スマートフォンやパソコンでいうところのフリーズの原因になります。粛々と処理を行うCPUですら机の上にものがありすぎると負荷がかかってしまうのですから、処理作業だけではなく重要な頭脳労働をされている日々のビジネスに取り組まれている方にとっては余計に負担がかかってしまうように思えます。サクサクと楽しく仕事ができるように。小さなオフィス設計をキレイに整頓、使いやすくして大切な脳力に余計な負担をかけないでいたいですよね。

オフィス設計はかなり重要

働く場所の環境って、労働意欲にかなり影響しますね。できれば静かで落ち着いたところがいいですね。もちろん、職種によってはその限りではないですが。部屋のレイアウトや間取りの構成、いす、テーブルの配置も、すべてがスマートになっている場所は理想的ですね。土地の問題もありますからそんなに広くスペースが取れない時なんかは、特に気をつけたいですね。狭くても、工夫次第でぐんと働きやすさに差が生まれることがありますからね。それに商談なんかのときにも、オフィスの雰囲気は重要でしょうね。相手にこの会社はすごいと思ってもらうには、洗練されたデザインでオフィス設計をしておく必要があるでしょう。その会社の気合いや心構えなども、それを通して相手に伝わるでしょうしね。社員だけでなく、訪問した人すべての記憶に刻まれるようなオフィスは、理想的な職場環境造りに一役買うと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*