階段昇降機は高齢化社会の切り札

社会的に高齢者の数が増えてきたと同時に、在宅での介護を余儀なくされる家庭も増えてきました。特に、要介護者の部屋が2階にある場合は入浴時などに、体を抱きかかえたまま階段の上り下りが要求されます。これは介護を行う人にとっては大きすぎる負担であり、それが原因で腰痛に悩まされてしまったり情緒不安定になってしまうなどの問題があります。悩める介護者のために、そして介護を必要とする高齢者のために開発されたのが階段昇降機です。その名前の通り、高齢者を階段の手すり部分に備え付けられた椅子に座らせるだけで、階段の上り下りを自動で行ってくれる優れものです。階段昇降機の登場により、介護を行う人の負担は大きく減りつつあります。介護をする人も受ける人も幸せにしてくれる階段昇降機は、高齢化社会の切り札と言える存在でしょう。

便利で楽な階段昇降機

高齢の親が足腰が弱くなり、上の階に上るのが大変になってきたというケースがあります。家にエレベーターをつけるにはお金がないとか、新設のエレベータースペースがないという方がいます。そういうときはいいものがあります。階段昇降機をつけてはどうでしょう。椅子に乗ったまま移動ができるというものです。今ある階段の形状に合わせて設置できるので、便利になると思います。移動は直線だけではないですね。これらの製品の多くは曲がった曲線でも対応できるのです。エレベーターよりも安い値段で楽に上下できれば生活はしやすくなります。これは屋内だけでなく、屋外のものまであります。工事期間に短縮も業者が対応してくれます。階段が狭くても折りたたみできるものがありますから問題ないでしょう。操作が簡単なもので、シートベルトのついてるものなどがいいです。

階段昇降機を設置して昇り降りを簡単にする

一軒家などで生活を送っている方で年齢などの様々な事情で歩く階段の昇り降りが大変な方もいらっしゃるでしょうがそのような時には階段昇降機を設置すると良いです。どのようなものかというと階段に自動式の椅子のようなものを設置してそこに座りスイッチを入れるだけで階段を登ったりする事ができるようになります。家によって階段の幅が違ってくるので場合によっては設置する事ができない場合もあるので専門の業者に階段昇降機を付ける事ができるか見てもらう必要があります。エレベーターと比較した場合は必要となる費用を少なくないですしメンテナンスの手間もそれほど掛からないです。工事を請け負っている業者によって料金が違ってきますし性能も違ってくるので資料をもらって比べたりなどして条件に合ったものを選ぶと良いですし、設置する事によって家をバリアフリー化することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)